JavaScriptで文字を書く

JavaScript

まずは文字を書いてみよう

ここでは自分の復習がてらJavaScriptの基礎を書いていきます。

最初は文字を書くことすらも分からなくて、悩みますよね。文字の書き方はとても簡単です。下記のように書くとブラウザに文字が表示されます!

    <script>
      //ブラウザに表示させるのはこちら
      document.write("Hello World!");

      //コンソールに出力させるにはこちら
      console.log("Hello World!");

      //alertで表示することもできます
      alert("Hello world!")
    </script>
  

簡単ですね。文字列はダブルクォーテーションの”○○○”やシングルクォーテーションの’○○○’で囲みます。

次は簡単な計算をしてみます

数値を扱う時にはクォーテーションを入れてはいけないので書かないようにしましょう。

    <script>
      //44に16を足した値をブラウザに表示させてみます。
      document.write (44 + 16);

      //1098から1021を引いた値をコンソールに出力させてみます。
      console.log (1098 - 1021);

      //"450 + 290"を文字列としてalertに出力させてみます。
      alert ("450 + 290"); 
    </script>
   

掛け算をするときは * を使います。割り算は / です。割った余りを出すときは % を使用します。

    <script>
      //322に90をかけた値をブラウザに表示させてみます。
      document.write (322 * 90);

      //498を33で割った値をコンソールに出力させてみます。
      console.log (498 / 33);

      //498を33で割った余りをコンソールに出力させてみます。
      console.log (498 % 33); 
    </script>
  

文字列の連結をしてみます

文字を連結するにはクォーテーションで囲った文字列を + で繋ぎます。

(“文字列A” + “文字列B”)

    <script>
      // 「ファイナル」と「ファンタジー」を連結してブラウザに表示させてみます。
      document.write ("ファイナル" + "ファンタジー");

      //文字列の「298」と「202」を連結してコンソールに出力させてみます。
      console.log ("298" + "202");
    </script>